ページの先頭です

鍼・灸の治療

鍼・灸の治療

東洋医学について

東洋医学では、気・血・水という物質が存在し、これらが生命を維持して健康を保っていると考えられています。このバランスが乱れると、病として現れるのです。
また、1つの症状だけを治療するのではなく、心身両面から捉えて気・血・水のバランスを調整し、体が安定する本来の状態に戻るのを助けます。
そして、体を良好に保ち病気にかかりにくい体をつくっていくには継続的な治療が大切です。

鍼灸について

ツボ(経穴)は、体におよそ700個点在し気の出入り口となっています。そのツボ(経穴)を結んだ点を経絡といい、この流れは内臓や各器官と連結し、身体の表面と内部とを機能的につなげるエネルギーの伝達、情報の伝達を行なっています。

鍼や灸は、ツボに対して物理的な刺激や温熱の刺激を加えて血行を良くしたり、免疫性やホルモンの分泌を調整したりして、人体の苦痛や麻痺を取り除こうとする療法です。
経絡治療をベースに、細い鍼を使い、鍼の深度は浅い事がほとんどです。効果の見込めそうな場合、やや深く鍼響(鍼の響き)を行うこともあります。

>>治療費はこちら

鍼はどんなものを使用するの?

鍼は使い捨て(ディスポ)鍼を使用しています。鍼の先端は長い歴史の中で研究され、鍼先の形状も痛みがないように考えられています。そのため、初めての方でも痛みを感じることはほとんどありません。

知っていますか?交通事故でも保険で鍼灸治療が受けられます

医師の同意書が無くても、保険による鍼灸治療を受けられます。
交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、患者様の窓口負担金は一切ありません。
詳しくは当院までお問い合わせください。

※保険会社への連絡などは当院が行いますので、ご安心ください。

小児鍼

小児鍼は体に刺さない、ツボを擦る、やさしいマッサージです。

小さなお子さんは発達速度により心と体がアンバランスになりやすく、自分でうまくコントロールが出来ません。小児鍼でツボをやさしく刺激することで、健やかな成長を助け、心と体のバランスを調整します。

小児鍼 10分 1,500円(税込み)

こんな症状のお子さんに

おねしょ 夜泣き かんむし ぜんそく
風邪をひきやすい 虚弱体質 アトピー  

刺さない鍼

刺さない鍼を、接触鍼といいます。痛みに敏感な方や虚弱な方、小児などには、これを行なうことがあります。
東洋医学の世界では、全身を「気」というものが流れ、人間の体を病などから守り、栄養を送り、精神を整えるなどの働きをするといわれています。鍼灸では、体表・体内を流れるこの「気」を整えることで、症状を緩和していきます。
敏感な方などは、鍼を刺さなくとも、この体表に働きかけて、変化が生じます。
痛みも全く無く、リラックスして治療を受けることができます。

スキンタッチ

子育て中のママや、イクメンに朗報!
子供が健康になる[スキンタッチ]を知っていますか?

[スキンタッチ]とは・・
子供の皮膚を撫でたり、あてたりして、刺激を与える「子供のツボ健康法」。
ご家庭にある道具を使って、子供特有の様々な症状を緩和します。

夜泣き、ぜん息、アトピー性皮膚炎、夜尿症、便秘、食欲不振など

当院では、スキンタッチ指導を行っています。ぜひ一度、お問い合わせください。

自律神経免疫療法

2種類の自律神経のバランスが崩れると、免疫力が低下して痛みや麻痺といった様々な病気を引き起こします。自律神経免疫療法は、その神経のバランスを整えることで人の持つ免疫力に働きかけて病気を治そうとする療法です。これは福田-安保理論として現在、医師や鍼灸師、マスコミなどが医療に革命を起こすものとして取り組んでいる療法です。


お得な情報!

リフトアップ

  • 求人情報
  • 患者様の声
  • 相互リンク

体調チェック

来院が困難な急患の方はご自宅までお伺いいたします。

  • カテゴリー

  • Facebook

  • Twitter

  • sakura180×120
  • sakura blog
  • >
    >